会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
10月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2017年10月20日(金)

琵琶湖博物館の昼食は結構イケてます [バスでない旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

エントランスホール

琵琶湖博物館の続きをば

館内に入ると、この広いエントランスホールがあります。
向かって左側に、入館受付(大人750円、大・高生400円、中学生以下無料!)で、チケットを購入して、いざ学習!?
館内は、かなり広く(延床面積 23,987u)、相当歩くことになります。

画像(135x180)・拡大画像(435x580)

レストラン「にほのうみ」

なので、お昼近くに行った場合は、上の写真の奥(明るい部分)の左側に、館内レストラン「にほのうみ」があるので、まずは腹ごしらえなど、いかがでしょう。
ちなみに「にほのうみ」は、鳰の湖(ニオノウミ)で、水鳥が集まる湖のことなのだそうです。

画像(135x180)・拡大画像(435x580)

レストラン内

非常に天井が高く、明るい店内は、わざわざここで食事をするために寄っても良いくらいの、スマートなロケーションです。

画像(135x180)・拡大画像(435x580)

左ページ

それでは、このランチ向きのメニューを、ご覧ください。

画像(135x180)・拡大画像(435x580)

右ページ

反対側のメニューはこちら。
これ以外にもメニューはありますが、とりあえず“ランチメニュー”ということで、どうぞ。

画像(135x180)・拡大画像(428x570)

「湖の幸天丼」

私は、琵琶湖産ブラックバスと琵琶マスの「湖の幸天丼(税込930円)」を頂いて、外来生物排除に、微力ながら協力することにしました。

画像(135x180)・拡大画像(428x570)

「湖の幸天丼」食べリング

「なまず天丼」にも惹かれたのですが、琵琶湖の在来種を守るためには、ブラックバスかなと思ったわけです。
BB(ブラックバス)は不味いという定説を打ち破る為、この際(板さんの腕を信じて)、挑戦してみました。
BBもマスも白身の魚で、どっちがどっちか分からなかったのですが、どっちも美味しかったので、皆さまお試しあれ。

画像(135x180)・拡大画像(435x580)

窓外の景色、建物側ですが…

当日は、雨天にも関わらず、窓外の景色は上々。
お天気の良い日においでの方は、倍よろしいと思います。

画像(131x180)・拡大画像(424x580)

「ミュージアムショップ・おいでや」

レストランの隣りには、このようなお土産物の「ミュージアムショップ・おいでや」が、あります。
そんなに広くはないのですが、ここならではのオリジナル土産物が豊富です。

画像(135x180)・拡大画像(428x570)

「琵琶湖大ナマズぬいぐるみ」

文具系、食器系、衣料品系があるなかで、人気はこういったぬいぐるみ系でしょうか。
本当は、可愛らしさで左奥の「バイカルアザラシぬいぐるみ」が、一番人気とは思いますが、私的には琵琶湖の象徴「琵琶湖大ナマズ」がオススメですね。

画像(130x180)・拡大画像(420x580)

博物館部分入口

それでは、次回はいよいよ博物館部分のご案内となります。
乞うご期待!!

Posted by 小池 泉壬 at 16時11分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2017年10月13日(金)

速報!2017年秋「華厳の滝・中禅寺湖」 [紅葉めぐり]

画像(320x208)・拡大画像(600x391)

はとバス日光の旅

2017年10月12日(木)に、東京駅発のはとバス「日光・中禅寺湖周遊」のバスツアーに参加しました。
いろいろなお話は、後日に語らせて頂くとし、まずは気になる今年の紅葉情報のひとつとして、ご覧ください。
このところの雨情報に悩みつつ、強行したバスツアー参加は、参加の皆さんの心がけか、なんとか晴れ間もあったバス旅になりました。
日光方面の紅葉としては、ハシリの状態ですが、男体山など、山の上の方は、大分進んでいる印象でした。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

華厳の滝エレベーターに向かう

当日はウイークディということもあり、行程が順調に進んだので、まず「華厳の滝」に立ち寄りました。
駐車場近くの「上の展望台」に行く前に、エレベーターで下から見上げたい方は、小学生の旅行との競合覚悟で、まずエレベーターで、と進められ大部分の参加客と共に、発券所へ。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

下の展望台から見た周辺の紅葉

すごい数の小学生たち(修学旅行かな)と、2基のエレベーター(大人は30名定員、子供4〜50人?)がフル稼働で、100m下の、滝壺展望台へ。
三層の展望台の、上の階からの山腹の紅葉は、こんな風でした。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

華厳の滝

一応、華厳の滝もどうぞ

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

車窓の中禅寺湖

そして、バスは昼食会場の「中禅寺金谷ホテル」に向かい、やがて車窓に「中禅寺湖」が。
このような黄葉とともに、眺められました。

画像(180x120)・拡大画像(580x388)

中禅寺金谷ホテル

そして、日本最初の西洋ホテル「日光金谷ホテル」の、中禅寺湖畔の林の中に建つ「中禅寺金谷ホテル」に到着します。
名物の、玄関前の紅葉「ヤシオツツジ」が見事でした。

画像(180x122)・拡大画像(570x389)

こちらが、その「ヤシオツツジ」です。
その前の石は、天皇・皇后両陛下のご宿泊記念の碑です。

ホテル内の様子、頂いた昼食、お土産などは、後日ご案内させて頂きますので、お楽しみに。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

下りの第1(上りが第2いろは坂)

帰りの第1いろは坂の紅葉は、近景(バス近く)はこんな感じ、遠くの山々も大分色づいておりました。
これからお出かけの方の、ご参考になればと思い、琵琶湖博物館Aの前に、はしょってご案内しました。

Posted by 小池 泉壬 at 18時48分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2017年10月09日(月)

琵琶湖博物館はなかなか面白いです [バスでない旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

琵琶湖博物館外観

琵琶湖周辺の観光地と言えば、北国街道・黒壁スクェアの長浜市、彦根城と夢京橋キャッスルロードの彦根市、八幡山ロープウェイの近江八幡市、
そして、大津市…いやその間にある守山市には、この「滋賀県立琵琶湖博物館」があるんです。
まだ行ってないところ、とググッて探した施設ですが、これが結構面白いところで、小さな子供も楽しめる、大人も楽しい施設でした。

画像(180x161)・拡大画像(570x511)

駐車場にあった案内図

こちらは、現地の駐車場にあった案内図の一部で、この図の上が東、向かって左が北になっています。
なお、この黒バックに地図があるということは、黒い部分は琵琶湖、つまりここは「烏丸半島」にある施設だということなのです。

画像(180x137)・拡大画像(640x489)

グーグルマップより

グーグルマップで見ると、こんな位置関係です。
マイカーで東から行くなら「名神栗東IC」、西からなら「名神瀬田西IC」から行くことになります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

広い博物館駐車場から多分こっちだろうと思う方向に歩くと、こんなカフェの看板がある散策路の入口があります。
行った時期が17年1月上旬、かつ雨天だったので、物寂しい感はありますが、冬以外の季節はこの散策路もまた楽しからずや、かと思います。

画像(117x180)・拡大画像(347x533)

「カフェイントロ」の看板

ちょっと気になる「カフェイントロ」の看板を拡大。

※追伸)駐車場にあったこのお店、残念ながら夏前に閉店していた模様。NETでチェックして知りました。残念!

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

木立の間を進むと、2分くらいで前方に博物館の建物が見えて来ます。
お天気良かったら、冬でも気持ちの良さそうなプロムナードです。

画像(180x114)・拡大画像(568x360)

長く突き出した、特徴ある玄関ポーチに到着。
博物館の入口を見てます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

玄関ホール入口

いよいよ玄関。
「びわ博20周年記念」「16年7月14日リニューアルオープン」などの看板がある入口から、玄関ホールへ。

→この先は次回に続く、です。

Posted by 小池 泉壬 at 10時26分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.